過払い金請求での計算方法

  • 過払い金請求の時効に注意

    • かつて借金の利息の計算方法には、その根拠となる法律が二つ存在していました。利息制限法と出資法です。



      金貸し側からすれば、より高い利率で貸そうとし、実際に高い方の利率で計算がなされ高い利息の支払いをしてきた人も大勢います。

      BIGLOBEニュースついて詳しく説明しているサイトです。

      ところが、この利率の計算法が二つあることがおかしいのではないかと裁判となり、結果利息が高いものは違法と言うことになりました。すなわち、低い方の計算で行われたものが正しいとされたものです。


      高い利率で計算がされたものは、過払い金となって返金を求められるようになりました。これがいわゆる過払い金請求と呼ばれているものとなっています。

      杉山事務所を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

      ただ、この過払い金請求には時効が存在します。

      その時効の期限は10年と定められていて、その期間内に請求を行わなければ時効として、返金請求が出来なくなってしまいます。

      最高裁判所で利率が高かったものが違法と決まってから、そろそろ10年の月日が経過しようという状況です。

      もし過去から借金をしてきた人やすでに完済をしている人の中で心当たりがある人などは、速やかに請求が出来るように準備をしなければ、この支払いすぎた利息部分は返金されないこともあり得ます。

      自分で対応をするのは時間も手間もかかります。

      したがって、代理人として弁護士や司法書士に任せるのが一般的となるでしょう。事例に精通している専門家に任せるのが安心かつ確実ですので、専門家に依頼して対応を一任するのが一般的となっている状況です。

top