過払い金請求での計算方法

  • どのような場合に過払い金の返還請求ができる?

    • 過払い金とは、借金をした際に、利息制限法の法定利息以上に利息を支払っている場合に発生するお金のことを言いますが、実際にはどのような場合に、過払い金返還請求を行うことができるのでしょうか?一般的には、5年以上18%以上の利息を支払っている場合には、過払い金が発生していると言われています。

      livedoorニュースの情報を見つけよう。

      また、元本が10万円未満の場合で、年20%以上の利息を支払っている場合や、元本が10万円円以上100万円未満の場合で、年18%の利息を支払っている場合、元本が100円以上の場合で、年15%以上の利息を支払っている場合も該当するでしょう。このような例に当てはまる場合には、専門家に相談をして、少しでも早めに過払い金の返還請求を行う必要があります。


      請求できる期間は、最終の取引日付から10年以内となり、それ以降は時効として扱われますので、どれだけ過払い金が発生していても、請求をすることができなくなってしまいます。



      余分な利息を支払っていたために、引き直し計算なども行わないまま、自己破産をしてしまったという場合であっても、お金が戻ってきたというケースもありますので、自己破産をしたから、お金は戻ってこないのでは?と思わずに、まずは専門家に相談をしてみることをおすすめします。

      最近は、相談料や着手金は無料で行っている法律事務所もたくさんありますので、一度相談をして、実際にお金がどのくらい戻ってくるのかを確かめたうえで、回収を依頼してみてはいかがでしょうか。

      プロミスの過払い金を知りたいならご活用ください。

top